フォト 2012年2月

アドベント

11月28日よりアドベントの週間に入りました。
アドベントというは『誕生を待つ期間』を意味し,
日本では「待降節」と呼ばれています。
クリスマスの4週間前からはじまります。
クリスマスに向かっての準備をしている時期となります。。

シュタイナーでは、キリスト教だけにこだわらず、もっと広い、
そして大きい意味で「光,希望などを待つ期間」として
お祝いをします。その最終形が「りんごろうそく」となります。

 

第一週目:鉱物に感謝
第二週目:植物に感謝
第三週目:動物に感謝

第四週目:人間に感謝(クリスマス)

 

この世界にあるものすべてに感謝するように、
という意味が込められています。

世界中の多くのシュタイナー学校・関係各所では
りんごろうそくからはじまるこの4週間で
オーナメント・アドベントカレンダーやろうそくを作ったり,
歌や音楽などを行ったりさまざまなイベントが行われています。

子供たちも一緒にツリーの飾りつけをしました。





これは、去年のりんごろうそくの一風景です。





できたぁ~~!
一年生、自分の作った編み棒で、はじめて作った丸々太ったコッコが3羽。